Kyu's LIVE-07.jpg

日本武道館

ヤマハ世界歌謡祭(第1回)

1970年11月20〜22日(昭和45年)予選:11月20日・21日 本選:11月22日
以降、1984年(第15回)まで総合司会(第3回を除く)

演出構成:藤田 敏雄 音楽プロデュ-サ-:いずみたく、中村 八大、服部 克久、石丸 寛
MC:藤本義一 坂本 九

グランプリ:I Dream Of Naomi(Translated from Heblew)ナオミの夢/Hedva and David ヘドバ&ダビデ

芸人その12年目 皆んなで遊ぼう! 坂本九と共に

1970年07月30日(昭和45年)

名古屋民音
出演:坂本九 サニートーンズ 小俣尚也とドライビングメン

1970-07-30名古屋民音-S.jpg
♪ 大きな椰子の木の下で

京都勤労会館

芸人その12年目 皆んなで遊ぼう! 坂本九と共に

1970年10月03日・08日(昭和45年)

関西民音
出演:坂本九 サニートーンズ 小俣尚也とドライビングメン

皆んなで遊ぼう1970-10-04.jpg《第1部》
オープニング
M:世界の国からこんにちは
M:若者たち
M:ハッピーバースデイ
 九ちゃんと遊ぼう(ゲーム)なぞなぞ
M:皆んなで笑いましょ
M:線路は続くよ/サニートーンズ
M:巨人の星/サニートーンズ
M:みんなでつくろう
M:大きな栗の木の下で
M:こぶた・たぬき・きつね・ねこ       
M:それが芸人それが僕

《第2部》
オープニング
M:上を向いて歩こう
M:最後の恋
M:明日があるさ
M:白いラブレター
M:見上げてごらん夜の星を
M:ともだち
M:戦友
M:レッツ・ザ・サンシャイン
M:マイ・マイ・マイ
M:さよならさよなら

大阪フェスティバルホール

みんなで遊ぼう! 坂本九と共に

1970年10月07日(昭和45年)

18:30
関西民音
出演:坂本九 サニートーンズ 小俣尚也とドライビングメン

1970-10-07みんなで遊ぼうチケット.jpg《第1部》
オープニング
M:世界の国からこんにちは
M:若者たち
M:ハッピーバースデイ
 九ちゃんと遊ぼう(ゲーム)なぞなぞ
M:皆んなで笑いましょ
M:線路は続くよ/サニートーンズ
M:巨人の星/サニートーンズ
M:みんなでつくろう
M:大きな栗の木の下で
M:こぶた・たぬき・きつね・ねこ       
M:それが芸人それが僕

《第2部》
オープニング
M:上を向いて歩こう
M:最後の恋
M:明日があるさ
M:白いラブレター
M:見上げてごらん夜の星を
M:ともだち
M:戦友
M:レッツ・ザ・サンシャイン
M:マイ・マイ・マイ
M:さよならさよなら

渋谷公会堂

芸人その13年目 みんなで唄おう みんなの九ちゃん

1971年01月10日(昭和46年)

主催:東京民音
出演:坂本九 ハニーポピーズ 小俣尚也とドライビングメン

《第1部》                《第2部》
オープニング                オープニング
M:これが音楽              M:上を向いて歩こう
M:世界の国からこんにちは        M:最後の恋
M:若者たち               M:明日があるさ
M:幸せなら手をたたこう         M:一人ぼっちの二人
M:みんなでつくろう           M:見上げてごらん夜の星を
M:九ちゃんと遊ぼう           M:ともだち
  〜大きな栗の木の下で         M:戦友
M:人を恋うる唄             M:レッツ・ザ・サンシャイン
M:リクエストに応えて          M:マイ・マイ・マイ
M:わかるだろう             M:さよならさよなら
M:これが音楽       
M:それが芸人それが僕

行田産業文化会館大ホール

芸人その13年目

1971年08月29日(昭和46年)

16:00 1,100円
行田音協創立記念 演出:中泉六夢 音楽:中原まさと 照明:東京舞台照明
出演:坂本九 林マキ ロイヤルナイツ 小俣尚也とドライビングメン

1971-行田.jpg《第1部》
オープニング
M:世界の国からこんにちは
M:若者たち
M:みんなでつくろう
M:九ちゃんと遊ぼう〜大きな栗の木の下で
M:幸せなら手をたたこう
M:ただそれでけのこと/林マキ
M:知床旅情/ロイヤルナイツ
M:16トン/ロイヤルナイツ       
M:それが芸人それが僕

《第2部》
オープニング
M:上を向いて歩こう
M:明日があるさ
M:一人ぼっちの二人
M:見上げてごらん夜の星を
M:戦友
M:マイ・マイ・マイ
M:この世のある限り
M:さよならさよなら

日本武道館

ヤマハ世界歌謡祭(第2回)

1971年11月25(木)〜27日(土)(昭和46年)予選:11月25日・26日 本選:11月27日

演出構成:藤田 敏雄 音楽プロデュ-サ-:いずみたく、中村 八大、服部克久、東海林 修
MC:藤本義一 坂本九 ジューン・アダムス

グランプリ:Un jour l'amour(ただ愛に生きるだけ)/Martine Clemenceau マルティーヌ・クレマンソー

長野市民会館

坂本九と共に 芸人その十四年目

1971年12月13日(昭和46年)

主催:長野民音 2回公演
出演:坂本九 永田カツ子 ロイヤルナイツ 森寿男とブルーコーツ

《第1部》                《第2部》
オープニング               オープニング
M:世界の国からこんにちは        M:上を向いて歩こう
M:若者たち               M:明日があるさ
M:みんなでつくろう           M:見上げてごらん夜の星を
M:九ちゃんと遊ぼう           M:坊や
  〜大きな栗の木の下で         M:一人ぼっちの二人
M:幸せなら手をたたこう         M:ともだち
コマソン`71              M:ヨイトマケの唄
M:マック・ザ・ナイフ/永田カツ子    M:涙
M:16トン/ロイヤルナイツ       M:この世のある限りマイ・マイ・マイ  
M:幕が上がれば             M:マイ・マイ・マイ
                     M:さよならさよなら

富山県民会館

坂本九その十四年目

1971年12月17日(昭和46年)

主催:長野民音 2回公演
構成:城悠輔 渋谷森久 演出:中泉六夢
出演:坂本九 永田カツ子 ロイヤルナイツ 演奏:森寿男とブルーコーツ

《第1部》                《第2部》
オープニング               オープニング
M:世界の国からこんにちは        M:上を向いて歩こう
M:若者たち               M:明日があるさ
M:みんなでつくろう           M:見上げてごらん夜の星を
M:幸せなら手をたたこう         M:坊や
CMソングこの1年のヒットメドレー    M:ともだち
M:マック・ザ・ナイフ/永田カツ子    M:ヨイトマケの唄
M:16トン/ロイヤルナイツ       M:さよならさよなら  
(パントマイム)幕が上がれば

文京公会堂

ベッヒシュタイン コンサート

1972年01月07日(昭和47年)

主催:フクヤマピアノ
語り:坂本九 指揮:石丸寛 東京交響楽団

1972-01-07ベッヒシュタイン.jpg

大阪フェスティバルホール

坂本九ショー(コーナー)

1972年01月23日(昭和47年)

1回目のステージ10:00〜13:00 2回目のステージ14:00〜17:00
出演:坂本九 由紀さおり デューク・エイセス スクールメイツ 居上博とファインメイツ

M:世界の国からこんにちは    M:太陽と土と水を   M:さよならさよなら ほか

文京公会堂

芸人その15年目

1972年06月15日(昭和47年)

構成:城悠輔 渋谷森久 演出:中泉六夢 音楽:森田公一 照明:東京舞台照明 土山道郎 舞台監督:岡野まさあき
出演:坂本九 伊東きよ子 ロイヤルナイツ 小野満とスイング・ビーバーズ

《第1部》                《第2部》
オープニング               オープニング
M:世界の国からこんにちは        M:上を向いて歩こう
MC〜メンバー紹介            M:Yesterday
M:漕げよマイケル            M:ともだち
M:僕にまかせておくれ          M:ヨイトマケの唄
M:伊東きよ子とCMソングメドレー    M:涙
M:まもなく朝/伊東きよ子        M:この世のある限り
M:16トン/ロイヤルナイツ        M:太陽と土と水を
M:幕が上がれば             M:Love Me Tender
M:マイ・マイ・マイ           M:一人ぼっちの二人
M:親父                 M:さよならさよなら
M:マイ・マイ・マイ
M:上を向いて歩こう

神戸国際会館

坂本九ショー

1973年08月24日(昭和48年)

渋谷ジャンジャン

坂本99円コンサート

1973年09月09日(昭和48年)

Ticket:99円
出演:中村八大 永六輔

第1部 会計報告  M:ゲゲゲの鬼太郎
M:ピンポンパン体操
M:September Song
M:Love Me Tonight
M:赤い風船
M:さっちゃん
M:ヨイトマケの唄
M:My Way
M:迷子の子猫ちゃん
M:黒い花びら
M:Taboo
M:Hound Dog 新八犬伝 仮面ライダーV アメリカ国歌 会津磐梯山
   男の子女の子 Vacation 貸借の歌
第2部
M:夢であいましょう
M:あの娘の名前はなんてんかな
M:遠くへ行きたい
M:坊や
M:こんにちは赤ちゃん
M:一人ぼっちの二人
M:さよならさよなら

渋谷公会堂

六輔その世界 坂本九ハンクウイリアムズを歌う

1973年09月10日(月)・11日(火) (昭和48年)

出演:永六輔 中村八大 坂本九 早野凡平 桂朝丸 夢路いとし喜味こいし 大阪労音合唱団

「坂本九ハンクウイリアムズを歌う」コーナー
M:Cold Cold Heart コールド・コールド・ハート
M:Caw Larger カウライジャ〜星は何でも知っている
M:上を向いて歩こう(ウエスタン風)
M:Mansion On The Hill マンション・オン・ザ・ヒル
M:You're Chetting Heart ユー・ケーリー・ハート
演奏:スティライズ

日本武道館

ヤマハ世界歌謡祭(第4回)

1973年11月16(金)〜18日(日)(昭和48年)予選:11月16日・17日 本選:11月18日

演出構成:片岡直彦 音楽プロデュ-サ-:三保 敬太郎 佐藤允彦 木田高介 ミッキー・カーチス
MC:坂本九 シリア・ポール(Celia Paul)

グランプリ:あなた/小坂 明子

福島文化センター

坂本九ショー

1974年03月29日(昭和49年)

出演:坂本九

Overture 
M:この世のある限り
M:みんなでつくろう
M:幸せなら手をたたこう〜大きな栗の木の下で〜幸せなら手をたたこう
M:漕げよマイケル
M:夕やけの空
M:ともだち 
M:上を向いて歩こう

東京宝塚劇場

あゆみの箱チャリティショー

1974年03月30日(昭和49年)

赤坂ゴールデン月世界

坂本九ハッピーナイトを歌う

1974年04月25日・26日(昭和49年)

出演:坂本九 コーラス:サニーシンガーズ 高部龍生とスターダスターズ

25日(1回目のステージ)       25日(2回目のステージ)
Overture               オープニング
M:I Beleive in Love          M:この世のある限り
M:若者たち              M:Love Me Tonight
M:みんなで作ろう           M:漕げよマイケル
M:And I Love You So         M:夕やけの空
M:ともだち              M:見上げてごらん夜の星を
M:明日があるさ            M:太陽と土と水を
M:上を向いて歩こう          M:上を向いて歩こう
M:マイ・マイ・マイ          (アンコール)
M:親父                M:一人ぼっちの二人
M:マイ・マイ・マイ
M:上を向いて歩こう

日本武道館

ヤマハ世界歌謡祭(第5回)

1974年11月15日(金)〜17日(日)(昭和48年)予選:11月15日・16日 本選:11月17日

演出構成:片岡直彦 音楽プロデュ-サ-:三保敬太郎 木田高介 萩田光雄
MC:坂本九 ジュディ・オング

グランプリ:You Made Me Feel I Could Fly(夢みる心地)/Ellen Nikolaysen(エレン・ニコライセン)

京都ベラミ

坂本九クリスマスビッグショウ

1974年12月21日(昭和49年)

出演:坂本九 ラブ・チャイルド ギター:佐藤忠行 野力久美とベラミ・オーケストラ

《1回目のステージ》
M:オープニング〜夜も昼も     
坂本九ヒットメドレー
 悲しき六十才〜あの娘の名前はなんてんかな〜九ちゃんのズンタタッタ〜九ちゃん音頭       
M:みんなでつくろう
M:ホワイトクリスマス
M:ともだち
M:明日があるさ〜夕やけの空〜新八犬伝の語り
M:上を向いて歩こう
M:マイ・マイ・マイ
《2回目のステージ》22:30〜
M:オープニング〜この世のある限り
M:新八犬伝テーマ〜夕やけの空
M:漕げよマイケル
M:見上げてごらん夜の星を
M:太陽と土と水を
M:アイ・ノウ
M:上を向いて歩こう
M:一人ぼっちの二人