高校時代、文化祭での劇で主役を演じる  
ここで初めて演劇にふれました。
とても演劇と言えるレベルではなかったけど、作品を通して人に楽しんでもらうという喜びを初めて知りました♪
 
大学にて、バンドのボーカルを経験
ステージの上に立つ。そして人前で歌う。
それが純粋にすごく楽しかったです♪
そして、この時期に芸能の世界を目指す決意をしました。
 
2010年春、大阪より上京
ワタナベエンターテイメントカレッジに入学
実際に自分の夢へのスタートラインに立った事で自分の将来に大きな期待を抱いたと同時に、東京での新しい生活や初めてのレッスンなどに戸惑い、不安も大きかったです。
 
ワタナベエンターテイメントカレッジ在学中に「ラストゲーム~最後の早慶戦~」にアンサンブルで出演
アンサンブルではあったけど、お客さんの前で演技をするのはこの作品が初めてで、約1000人というたくさんのお客さんの前で舞台に立ったこの経験は、俳優という夢へと向かう意欲をより一層高めてくれました!

橋本真一のブログ
(※2011年10月26日更新終了)
http://ameblo.jp/shinichi1109/
 
2010年11月、劇団P.O.P.69(ぽっぷろっく)旗揚げ公演に出演
この劇団はワタナベエンターテイメントカレッジの生徒同士で結成した劇団で、演出も自分たちでやりました。
自分たちだけで一つの作品を作りあげる難しさ、そしてその作品に対してお客さんからお金をいただくという責任の重さを実感した経験でした。
 
2010年11月、BSフジ「青春!イモトの門」にレギュラー出演
ストリートエチュードなどの活動を経て、2011年3月、チャリティ公演「ラストステージ」に出演。
番組のテーマが『ファンを作る』だった事もあり、毎日のように原宿に行っては自分の写真と自己紹介文を載せたチラシを配ったり人に話しかけたりしていました。

そうした活動を通して、人に応援してもらう事の難しさ、そして応援してくれる人がいる事の有り難さを知りました♪

青春!イモトの門 橋本真一オフィシャルブログ
(※2011年5月31日更新終了)
http://ameblo.jp/hashimoto-shinichi/
 
2011年3月、ワタナベエンターテイメントカレッジを卒業
2011年6月、マナセプロダクションに所属
カレッジを卒業し事務所に所属が決まった時は、嬉しいだけじゃなく、プロの俳優として生きていくという不安も大きく感じました。
そして、それでも自分はこの道を行くんだという覚悟を改めて固め直しました。
 
2011年12月、「ミュージカルテニスの王子様」に出演
上京当初からこの作品への出演が自分の目標の一つだったので、出演が決まった時はすごくすごく嬉しかったです。
公演初日、舞台上から観客席を見た瞬間、夢みたいだと思いました♪
 
2012年3月、オフィシャルファンサイト開設  
より僕を身近に感じてもらえる場として手書きメニューとか手書きメッセージ等沢山参加したいなって思いました♪
これからもみんなと繋がっていくための大きな架け橋になるといいなと思います☆
 
2012年4月、舞台「合唱ブラボー!」に出演  
がしょブラではセンターとして舞台に立たせていただいた事で今まで経験したことのない責任感やプレッシャーを経験できました!
そして役者としても人としても大きな課題が見つかりました。
センターに立つ役者としてどうあるべきか。
今後につながる課題が見つかった事は僕にとって大きなプラスでした♪
 
2012年8月、オフィシャルファンクラブ「S-with」発足  
ファンクラブに入会してくださる人たちは僕を好きで居てくださる方ばかりで、だからここでは自由に、時に甘えたりも出来ます。
ありがたい!や、嬉しい!という思いは今までに感じた事がないほどです♪
これからもファンクラブを通してみなさんと僕とが深く繋がっていければ良いなと思っています☆
 
2012年10月、初のファンクラブイベント「S-cafe1st」  
楽しい楽しい一日でした!
僕のためにみんなが集まってくれたのが心から嬉しかったです☆
初めての事でいっぱいいっぱいだったけど、みんなの気持ちをもらう事もみんなに気持ちを渡す事も出来た幸せな時間でした♪

イベントの写真はこちら
 
2014年7月、セルフプロデュースのミニフォトブック【Blond's】を発売
ミニフォトブックの加工、編集など、ほぼ全て自分のやりたいように出来た楽しさと、その大変さ、両方を体験することが出来た貴重な経験になりました♪
次はミニフォトブックではなく、ちゃんとした写真集を出したいと強く感じました☆

ミニフォトブック【Blond's】はこちら
 
Keep Going!  
バイオグラフィーはこちら  
▲ページ上部
 
Copyright(C) All Rights Reserved. Manase Productions Inc.
このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社マナセプロダクションに帰属します。