Fanclub Hikaru Nishida
home news profile manase-top



【P-CAN CLUBからのお知らせ】 

 P-CAN CLUBは、2005年1月末をもって解散いたしました。今まで応援していただいてありがとう
 ございました。
 西田ひかるはこれからも芸能活動を続けて参りますので、今後ともよろしくお願いします。
 NEWSのページになるべくひかるちゃん情報をアップできるようにします。ファンクラブがあった時よりは
 対応が遅れるかもしれませんがご了承下さい。




【社長からのメッセージ】
  88年のデビュー年から16年。100人くらいからスタートしたファンクラブでした。
 ガリ版刷りで記事も少なく、ポニーキャニオンのイベントと、当時多かったデパートの屋上や海辺でのキャンペーンで出逢うファンの人の顔も見分けがつくほど身近なファンクラブでした。
 事務所で電話リクエストをしたり、ハガキを書いたりするために集まってくれたり、西田を応援しよう!!西田のここが好きだ!!という心が1つの方向に向いている時代でした。
 それから時が経ち、ファンクラブはファンの皆さんに情報を提供し、サービスをする機関へと変化していきました。西田の活動の範囲も、CMへ、ドラマへ、ライブへ、そして舞台へと広がっていきました。
 15歳だった娘が32歳になり、その間に結婚もしました。皆さんが西田に求めることも、アーティストとしてであったり、女優としてであったり、恋人的立場であったり、姉であったり母であったり多様になっています。私としては西田が結婚した時にあくまでも結婚生活を中心にするということでしたからファンクラブを解散したら?と問いました。彼女の返事は協力してもらえるなら続けたいということでした。慣れない生活の中でかなりの量の原稿、写真、大変だったと思います。でも彼女はファンクラブを愛していました。ファンの皆様が応援して下さっていることに感謝もしていました。
 そして2年余り。今の仕事のペースの中で年間¥6,000の会費をいただいて、毎月会報を作り発送し、バレンタインカード、バースデイカード、クリスマスプレゼントetcと、心を砕いてもなお、ファンの方達には不足感があり、お互いの満足につながるようには出来ない状況だという結論に達しました。
 仕切り直しをして、又、あるがままの西田を囲む会が出来たら嬉しいと思っています。その折はぜひ参加してください。来年は「モーツァルト!」の再演(大阪・東京)もあり、日本に居る期間も長くなります。テレビで舞台で楽しんで下さい。
 長い間(短い期間の方も)ありがとうございました。心からの感謝を捧げます。

                                              曲直瀬 道枝




home news profile manase_top